学校再開でもコロナ不安休みは欠席にならない?成績や入試に影響ない出席停止にできる?

2020年6月8日

Pocket

非常事態宣言が解除され、学校再開となっています。

再開したは良いが、やはり第2派の可能性も高く予断が許されない状況に変わりはないですよね。

先日、文部科学省から学校の欠席の理由によっては、欠席にならない出席停止にできるような配慮がされているようです。

やはり気になるのは、成績や入試に響くのではないか?というところですよね。

という事で「学校再開でもコロナ不安休みは欠席にならない?成績や入試に影響ない出席停止にできる?」というタイトルで少し調べてみました。

 

学校再開でもコロナ不安休みは欠席にならない?成績や入試に影響ない出席停止にできる?

文部科学省から学校への通知で、保護者から「コロナが不安で休ませたい」という相談があった場合。

合理的な理由であれば「欠席」扱いにしない。

というものです。

では、その合理的な理由とはどんなものなんでしょうか?

順番に見ていきましょう。

 

欠席ではなく出勤扱いになる?

では、欠席ではなくてどういった扱いになるのでしょうか?

  • 学校側から欠席させたい理由の聴取があります。
  • 学校側から感染防止対策の十分な説明がある。
  • 感染経路不明な陽性患者が急激に増加している状況等の事情がある。
  • 欠席ではなく「出席停止」とできる。

このような要件があるようです。

 

出席停止とはなにか?

出席停止とは、出席するはずの人を出席させないようにする。

学校側から生徒に対して、「出勤してはダメですよ」ということになります。

出席停止は様々な場合に用いられます。

例えば、伝染病の蔓延。

今回はまさにこれですね。

それから問題行動を起こした生徒に対して使われることもあります。

義務教育中に停学はありませんからね。

こういった場合も使われるようです。

 

基礎疾患のあるお子様の場合

こちらも適用されるようですね。

喘息持ちのお子さんの場合、万が一感染すると重症化しない保証はありませんしね。

(筆者もアレルギー性の喘息をもっているので、今回の新型コロナは命の危険を感じています)

もちろん主治医の意見を聞いたうえで、登校しない方が望ましい。

というような意見をもらったら、学校に相談できる。

というものになっています。

意見書のようなものが医師からもらえなくても、我が子を危険にさらすような環境と感じられるなら、欠席も仕方ないような気がしますけどね・・・。

命に変わるものはありませんから。

筆者自身も4歳と3歳と子供がいますが、勉強なんて少し遅れても構わないと思っています。

 

学校再開でもコロナ不安休みは欠席にならない?Twitterではどんな反応?

 

まとめ

「学校再開でもコロナ不安休みは欠席にならない?成績や入試に影響ない出席停止にできる?」というタイトルで調査してきました。

出席停止になるのは良い事なのかは正直わかりませんが、子どもたちの友達との関係や勉強が遅れてしまう事など、心配は尽きませんよね。

新型コロナウイルスなんて早くいなくなれば、一番良いのでしょうけど・・・。

ウイルスと付き合っていくしかない状況では割り切りは必要なのかもしれませんね。

それでは「学校再開でもコロナ不安休みは欠席にならない?成績や入試に影響ない出席停止にできる?」でした。

Posted by りょう