サバイバルウェディング主題歌・挿入歌の歌手はC&K?歌詞・PVフル付きで紹介

2020年9月13日

Pocket

今回は、C&Kが歌う『ドラマ』について紹介していきます。

女優波瑠さんが主演のドラマ【サバイバルウエディング】の主題歌になっています。

ドラマの主題歌に『ドラマ』というタイトルは斬新ですよね。

気になる主題歌の歌詞や挿入歌は、どんなドラマなのかをPVフル付きでみていきましょう。

それでは、【サバイバルウエディング】主題歌と挿入歌のC&K『ドラマ』の歌詞の意味をPVフルで解説していきたいと思います。

 

サバイバルウェディング主題歌・挿入歌の歌手はC&K?

サバイバルウェディングのエンディングに颯爽と流れる主題歌はC&Kです。

C&Kのプロフィールはコチラで紹介しています。

挿入歌にもC&Kの楽曲は使われている?

サバイバルウェディングの挿入歌には残念ながらC&Kの楽曲は使われていませんでした。

完全オリジナルのものばかりです。

サバイバルウェディングのサウンドトラックはコチラです。

 

サバイバルウェディング主題歌・挿入歌の歌詞をPVフル付きで紹介

 

C&Kが「ドラマ」についてコメントを残していますので、紹介していきます。

CLIEVY『生きていると、良い時もあれば悪い時もあります。

今、幸せなのは、いつかの自分が頑張っていたから。

今に満足出来ないのは、いつかの自分が怠けていたから、と思って人のせいにしない生き方をしたいと思う僕自身への
応援歌です』

KEEN『あまりピンとこない日々を、劇的に変えるのは難しい。

頑張らなくちゃ変えることはできないし、頑張っても変えられる保証はない。

それでも変えてやるという強い気持ちで行動に移さなければ、永遠に変えられない。

毎日作戦を捻りだして、明日はもっといい日になると信じて走り出そう。

というネガティブだけどポジティブな生き方を描きました。

毎日頑張っているけど、なかなかドラマティックな1日に出会えていない。

でも毎日なにかが変わると信じてこれからも頑張っていくぜ。っていう人に聞いて頂きたい』

とコメントを残しています。

同じような毎日を送る日々が、無駄にしないように、いつか花が咲く日のために毎日を頑張っていこう。

という聞く人への応援歌になっていますね。

ドラマのPVは、C&Kの2人が出会ってから10周年を迎えるところまでを演出しているようです。

キレキレのダンスも披露しており、見ているだけでも楽しいPVになっていますよね。

PVの中のダンスは「サバイバルダンス」と称しています。

覚えやすくて、きっとライブやイベントでも一緒に踊れるんでしょう。

このサバイバルダンスのポイントをC&Kの2人がテレビの取材で応えています。

  • ポイント1 ひょうきんにキレよく
  • ポイント2 手とおしりは逆に出す
  • ポイント3 おしりはプリッと
  • ポイント4 どの曲にも使える・・・?

ポイント4はかなりふざけていますが、3つ!だそうです。

C&Kのノリの良さが際立つ振りですよね。

ライブがとても楽しみになります。

 

ドラマPVのロケ地の場所は?

撮影は神奈川、東京で7月の30度を越す快晴の日に行われました。

TwitterでもCLIEVYがつぶやいていますが、朝4時からこんな過酷な撮影をしていたんですね。

2人が出会った文教大学から始まり、最後は横浜アリーナに辿り着きます。

C&Kが出会ってから、10周年を迎えアニバーサリーライブを行う横浜アリーナまでのドラマを曲に乗せてドラマにしているんですね。

ロケ地もしっかり考え作られているのが分ります。

10周年を迎えたC&Kのドラマを描いた内容になっているんですね。

デビュー当時からC&Kを応援しているファンにはグッとくるものがあるのかもしれません。

 

ドラマPVのダンサーは誰?

ダンサーは以前から、C&Kのライブなどでバックダンサーを務めているZEROSENというダンスチームです。

ZEROSENというダンススクールも経営されています。

ZEROSENのリンク貼っておきますので、興味のある方はチェックしてみて下さいね。

 

まとめ

波瑠さん主演のサバイバルウエディング。

主題歌を歌うC&K「ドラマ」の歌詞の意味をPVフルで紹介してきました。

C&Kのドラマの歌詞はとても前向きで、サバイバルウエディングのようなドラマの主題歌にピッタリと合いますし、とてもかわいらしい波瑠さんの演出も見所の一つになっていました。

残念ながら挿入歌としてC&Kの楽曲は使われていませんでした。

挿入歌もC&Kの楽曲を取り入れてくれれば、もっと良かったですけど・・。

この歌は自分自身に向けて、聴く人に向けての応援歌になっていましたね。

何気ない日々を送りながらも、いつかは自分も花開く。

そんな生き方が出来たら素晴らしいですよね。

そしてそれが、この歌がきっかけになればC&Kもアーティスト冥利につきるのではないでしょうか。

こんなコミカルなダンスを披露するPVフル動画からは、想像出来ない奥の深い内容になっていましたね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

 

Posted by りょう