とある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編いつなのかを徹底調査!

Pocket

そこそこの人気を集め、最終回を迎えたアニメ「とある科学の超電磁砲T」ですが、人気が高いという事は4期続編ってあるの?

という疑問に直結しますよね?

やっぱりまだまだ見たいですよね・・・。

アニメの続編制作にはいくつかの関門があるともいわれているので、そちらも踏まえて紹介していきます。

それではとある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編いつなのかを徹底調査!です。

 

とある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編いつなのかを徹底調査!

それでは「とある科学の超電磁砲T」アニメ4期は放送されるのでしょうか?

という前に制作はされるのでしょうか?

様々な角度から考察していきますね。

 

とある科学の超電磁砲Tアニメ4期は決定している?

まずはすでに決定しているのか?という事ですけど・・。

なにも発表されていませんね。

前期の最終回の最期に、『4期制作決定!』のようなCMが入ったりしますが、ありませんでした。

公式サイトや公式Twitterにもなんの発表もありません。

まだ、あるともないとも言われていませんね。

 

とある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編の可能性はある?

正直わかりません・・・。

しかし、アニメの続編を制作するにあたり基準があるようですので、照らし合わせて考察していきます。

  1. 視聴率
  2. 円盤売り上げ
  3. グッズなどの売り上げ
  4. 原作のストックがある
  5. 独占配信・ゲーム化
  6. 単純に人気

などが挙げられるようですので、ここも少し掘り下げてみます。

 

とある科学の超電磁砲Tの視聴率は?

最近のテレビは視聴率はあまり関係ないようですね。

テレビCMなどの広告が見られない時代になってしまっていますからね。

ネット上の広告費の高くなってきてしまった。

そのため、視聴率の発表はアニメではされない事が多いようです。

 

とある科学の超電磁砲Tの円盤売り上げは?

円盤売り上げです。

  • 1期:26,886枚
  • 2期:18,801枚
  • 3期:約3,500枚

ちなみにこの3期の情報は9月のものになっています。

10月に入った現在もvo7が発売を開始されており、まだまだ売り上げを伸ばしていきそうですね。

4期続編への大きな要素となっています。

なんでも、アニメのDVDやBlu-rayの売り上げは3000枚で上々、4000枚で続編へ。

という流れがあるようです。

ここは突破したいですね!!

ただ、1期から徐々に売り上げは減っていますので、3期の円盤はもう少し頑張ってもたいたいですね。

 

とある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編のための原作ストックはあるの?

3期が原作の13巻まで消化されています。

現在15巻までの発売がされています。

現在の原作ストックは2巻分という事になりますので、ちょっとすぐに続編という訳にはいかないですね。

 

とある科学の超電磁砲Tの独占配信・ゲーム化は?

2019年にスマホゲーム化されているのは、記憶に新しい所ですね。

ゲーム化は円盤売上の他の大きな収入源になりますので、これは大きいですね。

権利の関係は、大きなお金が動きます。

2020年7月にも『とある科学の超電磁砲 幻想収束』というゲームが運営開始されていますね。

大成功アニメの1つとしてもいいのではないでしょうか?

かなり4期続編の期待は高まるのではないでしょうか・・・。

 

とある科学の超電磁砲Tのグッズ売り上げは?

グッズの売り上げも大きな収入となります。

公式から売り上げがどのくらいなのかという発表はされていません。

どれほど売れるのか、楽しみではあります。

状況を見守っていきましょう。

公式Twitterのフォロワーが24万人近くいますので、全員が1つずつ購入してくれれば結構な売り上げになるはず!

続編へ向けてみんなで応援購入いかがですか??

 

とある科学の超電磁砲Tアニメの人気は?

やはり人気の高さはありますね。

続編を求む声も結構みかけられます。

人気の高いアニメは、当然ですがおもしろいんですよね。

4期やって当然!!くらい思っている人もいます。

是非、続編の制作をお願いいたします。

 

まとめ

「とある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編いつなのかを徹底調査!」というタイトルで紹介してきました。

人気アニメになりますので、正直続編があるなら見てみたいですね。

視聴率や人気などは申し分ないと思いますので、これから来るDVDとBlu-ray・グッズの売り上げがかなり重要になってくるのだと思います。

「それではとある科学の超電磁砲Tアニメ4期続編いつなのかを徹底調査!」でした。

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

Posted by りょう